聖母マリア幼稚園のブログです。
豊かな自然の中で起きる日々の様子を
綴っていきます。

 

12月の年少さん

2018.12.26

 

冬休みが始まり、あっという間に1週間が経とうとしています。楽しい毎日を送っているでしょうか?

12月14日に行われた、クリスマス会では、子どもたちがそれぞれ神様から頂いた力を使って、イエス様に素敵なプレゼントを贈ることができました。当日までの間、どのグールプでも日々練習を積み重ねてきました。
初めのうちは、いつもと違う部屋で初めての友だちと一緒に活動することに、不安そうな子どももいましたが、どの子どもも無理なく楽しんで活動に取り組めるように進めてきました。自分のクラスに戻ると「わたしは、ぼくは○○の力があるから」と選んだグループで、何をしてきたのか、笑顔で教えてくれる子どももいました。
本番は、楽しいと思った人も緊張すると思った人もいたと思いますが、ステージに立てたことが素晴らしいと感じています。子どもたちがまた1つ大きくなったクリスマス会でした。

12月に入り寒い日が多かったですが、暖かい日にはきれいなイチョウやモミジを見ながらピクニックお弁当をしました。季節を感じながらにお弁当に子どもたちを大喜びでした。
お弁当を食べた後は、落ち葉を集めたり、女の子たちは髪飾りにしたりして楽しんでいました。

戸外での遊びでは、 水に花びらをいれてジュース作りをしたり、年中さんと一緒にアイディアを出し合い、役割を決めながら、ドーナツ作りを本物のように再現したり、子どもたちの考えで遊びが発展していく様子が多く見られるようになりました。

室内では、 部屋にある材料を利用して、自分たちで様々なものを作りあげる姿が見られました。
はさみ、穴あけパンチ、セロハンテープなど多くの道具も使いこなせるようになり、子どもたちの作品の完成度もあがってきていると感じています。「できないよーー」と困っている子も大丈夫!お友達にお願いすると、快く手伝ってくれます☆

サンタさんの靴下もつくりました。色を選び、クレヨンで絵を描き、ひも通ししたら完成です。
ひも通しは「うえ・した・うえ、、、」「次はどっちだっけー?」と子どもたち真剣に取り組んでいました。

楽しい日々はあっという間に過ぎ去っていきます。残るは3学期!3学期はとても短いですが、たくさんの思い出を作り、年中さんへとつながるように、過ごしていきたいです。
それでは、よいお年をお過ごし下さい☆


▲ページトップへ