聖母マリア幼稚園のブログです。
豊かな自然の中で起きる日々の様子を
綴っていきます。

 

9月の年少さん

2018.9.28

 

2学期はじまり☆
2学期が始まり、あっという間に9月も終わりを迎えようとしています。初日には、「ばあばとじいじの家行ったの!」「飛行機乗ったんだよ!」と興奮気味で夏休みの思い出を語ってくれる姿がかわいらしかったです。クラスでは、夏休みの思い出を皆の前でそれぞれが発表し分かち合いました。
子どもたちがどこに行ったのか、目でも分かるように、日本地図を部屋に用意しました。
子どもたちは、地図を指さして「ここはどこ?」「北海道は?」「ぼくの住んでいるところはどこ?」と地図にも興味津々でした。

運動会に向けて
今年の運動会は「11ぴきのねこ」です。子どもたちには読み聞かせをおこない、運動会に向けて期待がもてるように取り組みました。年少さんは、魚を捕まえる場面です。練習でものらねこになりきり、魚めがけて一生懸命に走る姿は素敵でした。
競技で使う魚は子どもたちが作りました。穴にスズランテープを通して結び、キラキラの折り紙を貼り、目玉を付けました。
お家の方々が作ってくれたねこの帽子を嬉しそうにかぶる姿も見られました。

運動会でおこなう体操「♪さかなごはん」を踊ることが楽しいようで、帰りの集まりの前に「さかなごはんしたい」と言って皆で踊っています。ある男の子は、「でもね、ごはんは肉も野菜もたべるんだよね」と言っていたのが印象的でした。

日々の生活
お部屋では、1学期にはなかったモンテッソーリのお仕事に子どもたちは興味をもち、集中する姿が見られます。年少さんも生活が落ち着き、身の回りのことが自分の力でできるようになり、少しずつ、モンテッソーリの家に行って部屋にはないお仕事をしています。

戸外では、友だちと一緒に遊びを見つけ楽しむ姿が多く見られるようになってきました。
遊具や砂場で水コースや鬼ごっこ、かくれんぼ、虫探し、かきの種で楽器作りを楽しむ姿が見られ、室内では、キャップを使った遊びや、廃材を使いビー玉コースを作り毎日、充実した時間を過ごしています。

遠藤先生のスポーツ
初めて、遠藤先生のスポーツをしました。かけっこをしたり、形のマットを使ったサーキット(エンドーランド☆)をしたりして楽しみました。次回のスポーツが楽しみです。



▲ページトップへ

 

9月の年中長さん

2018.9.21

 

長い夏休みが明け、幼稚園に元気な子どもたちが帰ってきました❤
友だちとの久しぶりの出会いに大喜び!! 夏休み自分と同じ経験をした人をみつけると「おれも行った!」と大興奮。それぞれが夏休みならではの体験ができ、身体だけでなく心もひとまわり大きくなったのを感じます。
園庭では運動会の “11ぴきのねこ”のお話しにちなみ帽子もネコに変身‼ かわいいネコがいっぱいです。
 
年中さんも年長さんの中に入ってドッチボール。仲間に入る年中さんも少しずつ多くなってきました。

あちこちでお家ごっこ。泥団子作りやチョコレート屋さんなど。

夏休み中に虫たちも大きく成長し、バッタやカマキリ探し。カブトムシの幼虫探しも根気よくしていました。
夏休みに行った昆虫博や、育てたカブトムシで得た知識を、友だちにも教える姿も見られました。

年中さんは “えいごであそぼう” では、ポテトヘッドで身体の部位を知ったり、絵本を見たり英語に触れながら楽しく過ごすことが出来ました。1学期より集中力もついて、興味津々でした。

今年の運動会で年中は “2人で力を合わせる” (協力して1つのことを行う)ことを目標にしています。9月は横割りでの活動も多く、横クラスでの友だちの関わりも拡がってきています。
みつけた魚をみんなで仲良く分ける場面で、ペアの友だちと一緒に行う意識も持ち、楽しんでいる様子が見られています。ひとりひとりの作った魚は個性的でかわいいです❤

年長さんたちが遊びの中でリレーの練習をするのを羨ましそうに、また自分たちもやりたくてうずうずしている年中さんです。

年長は “一人一人の力を出し切る” “クラスの一員としてみんなで力を合わせる” 意識を育てていくという目的を持っています。
運動会に向けて、日々リレーの練習に励んでいます‼ 最初は、練習に参加する人数は少なかったのですが‥‥

運動会1週間前には、こんなに沢山の子どもたちが練習に取り組むようになりました。

走るのが苦手な人、自信のない人、不安な人‥‥様々な思いを抱えて、ドキドキしていた人も多かったと思います。ですが、“あきらめずに挑戦するつよい心” を大切にし、一人一人が自信を持って走れるよう練習を重ねてきました。
またリレーという1つの目標に向かってクラスで話し合ったり、考えたりしながら “みんなで取り組むこと” を大切にしてきました。この経験がクラスの団結につながり、今後の年長としての活動も、みんなで協力して取り組めることを願っています。

▲ページトップへ