聖母マリア幼稚園のブログです。
豊かな自然の中で起きる日々の様子を
綴っていきます。

 

1月年中長さん

2018.2.5

 

「あけましておめでとうございます」という元気な挨拶と共に三学期がスタートしました。厳しい寒さが続く日々の中でも、子どもたちは好きなことを見つけて伸び伸びと活動を楽しんでいます。 

お正月遊び 
冬休みを振り返り、お正月ならではの遊びをみんなで楽しみました。
けん玉名人になるぞー!!コマ回しも頑張ってます。

ふくわらい 「どんな顔になるかな~」

凧づくり  「よく飛ぶ凧を作ろう」

年少さん「作っていいですか?」
年長さん「こうやってやるんだよ~」

「みんなで飛ばそう!!」

「広場でも遊んだよ~」
「秘密基地みたいだね」
「船を発見!!年少さん早く乗って☆出港するぞ!!」

氷点下 「霜柱を見つけたよ♡」

ドッチボールは相変わらず大好き!!

スポーツクラブでは長縄跳びに挑戦

年中さんはトリーシャ先生と英語で遊びました。

年長は広場へ!!
クラス対抗宝探しゲーム「たくさん見つけるぞ!!」「どこに隠したら見つからないかな~?」

男女に分かれて力比べの棒引き!!
「負けないぞ~!!」「オーーー!!!」

「まだ諦めないぞ~」「今手伝いに行くよ!!」

雪遊び
「皆のった~??」「結構スピード出てる!!」

「当てちゃうぞ~!!」「気を付けて!後ろ後ろ!!」




▲ページトップへ

 

1月年少さん

2018.1.26

 

冬休みが明け、また少し大きくなった子どもたちが元気に幼稚園に登園してきています。お友だちと久しぶりに会い、一緒に遊べることを楽しみにしていたようで日々笑顔で嬉しそうに遊んでいます。
それぞれのお部屋では冬休みの振り返りを行いました。
冬休みにどこへ行ったのか、何をしたのか、どのようなことが楽しかったのかなどをそれぞれがみんなの前で発表を行いました。緊張するお友だちもいましたが1学期2学期に比べて、とても上手に自分の言葉で発表することができ、子どもたちの成長を感じました。
又、発表する力だけでなく、お友だちのお話を最後まで集中して聞く力も付き、時にはお友だちが発表した言葉に反応して答える姿もありました。

子どもたちは日頃からお友だちの名前を読んだり、お手紙交換をしたりと文字にとても興味を示していたため、写し文字という活動始めました。
名前の書いてある見本の台紙の上に紙をおき、上からなぞり書きをします。画数ごとに色分けされた文字をそれぞれ確認しながら書き順も学んでいます。
鉛筆の持ち方は最初は力が入らず、薄くふにゃふにゃの文字になってしまっていたお友だちも、少しずつ上手になり、力が入って綺麗な文字も書けるようになってきました。
自分の名前だけでなく、お友だちの名前や先生の名前も書き、時には書けた文字をお友だちにプレゼントする姿もあります。

子どもたちは、お正月ならではの遊びも楽しんでいます。
年中長の姿を見て、凧揚げに興味を持った子どもたちは、年中長のクラスへ作りに行き広場や運動場で飛ばして遊んでいます。凧が飛ぶようにお友だちのお手伝いをする姿や、協力している姿も見られました。

又、こま遊びもお部屋で行っています。最初はなかなか回すことができないお友だちもいましたが、少しずつ上手に、そして長く回せるようになり、お友だちとどちらが長く回せるかなどの勝負をしている様子もあります。
鉛筆を使って文字を書く時にも必要な親指、人差し指、中指の3本の指の力を、こま遊びを通しても身につけています。
その他にも、かるたや福笑いなど日本の伝統的な遊びも行っています。

毎日寒い日が続く南庭には大きな霜柱がたくさんできています。寒い中でも子どもたちは元気に外に出て、この季節にしか体験できない遊びを楽しんでいます。お友だちとたくさんの霜柱を集めたり、氷を化石に見立ててたくさんの化石を発掘したりしています。

現在、自主活動では子どもたちが、遊ぶ場所を外、ホール(モンテッソーリ)、お部屋(さくら組)の3ヶ所から自分で選び活動を行っています。
外遊びでは南庭の霜柱が溶け、足元が悪くなった時などには運動場や広場に行って遊んでいます。
運動場ではボールを使った遊びや、二人乗りの自転車遊びなどを楽しんでいます。

モンテッソーリでは、日常生活(パズル、ゴマすり、シュレッターなど)のものを中心に取り組む姿が見られています。文字のスタンプや、1から10までの数や数量を獲得していけるものなど、文字や数にも興味を広げています。毎日楽しみに通っている人たちもいます。楽しんでお仕事をしている人たちの活動をクラスの中で分かち合い、クラス内でも文字や数に触れていける機会をもっていきたいと思っています。

お部屋遊びでは年中長と合流し製作を行ったり、絵を描いたりと室内での遊びを楽しんでいます。
どの場所でもクラスに関わらず、遊びを通し様々なお友だちと豊かな関わりが見られています。

お部屋では似顔絵の製作を行っています。
できることがたくさん増え、お兄さんお姉さんになった素敵な顔を描こうと伝え、顔は絵の具で描き、部位はクレヨンで描きました。目はいくつあるのか、鼻はどのような形なのかなど何度も鏡を見に行って描いています。中にはほうれい線を描いたり、鼻の下の筋を描いたりと、自分の顔をよく観察して描いているお友だちもいました。

19日には年少さん、2回目の英語活動も行いました。
子どもたちはトリーシャ先生と会えることを楽しみにしていたようで張り切って取り組んでいました。英語での天気の言い方を教えてもらったり、英語の絵本を見たり、ダンスをしたり、とても楽しんでいました。

年少さんも2ヶ月と少しで年中さんになります。年中さんのクラスに上がる際はクラス替えがあります。そのため、年少の先生がそれぞれ違うクラスに入って活動を行ったり、子どもたちが他のクラスで初めてのお友だちとお弁当を食べたり、少しずつ先生やお友だちとの関わりを広げ、次の学年に上がるための準備を行っていきます。


▲ページトップへ

 

2学期のひよこ組

2018.1.24

 

3学期初日、元気にひよこ組に来てくれた子どもたち。
今年も心豊かに過ごせることを胸に3学期を迎えるにあたり、 ここで少しずつたくましくなってきたひよこ組の活動を振り返ってみます。

10月より一日分離を始めたこどもたち。お母さんは必ず迎えにきてくれる ということが安心感となり、お母さんから先生やお友達へと楽しむ世界が 広がってきました。
大好きなお弁当を作ってみました。好きな具材を自分で選び、紙に描かれた お弁当箱にのりで貼っていきました。
のりの使い方も、「のりは、ありさんぐらいの量を指で取ってつけること」を少し意識しながら、おいしいお弁当が出来上がりました。

台風のような雨と風が去った後のお庭の枝やはっぱを集めることも、子どもたち にとっては遊びの延長。お山のように集まった枝や葉っぱを「わっしょいわっしょい」 と運びました。
侮ってはいけない2歳児さん、とても力持ちの集まりです。

ひよこ組の庭で、キノコを発見!
「きのこ」の歌をちょうど歌っていたので、実物と一致したようです。

気持ちの良い秋晴れの日、幼稚園の森を抜けて広場へお散歩に行きました。
収拾好きな子どもたちの目線は落ちているどんぐり。夢中でどんぐりを見ている子ども達にどんぐりの木や、枝になっているどんぐりも、紹介しました。

秋の終わりに、ちゅうりっぷの球根を植えました。ちゅうりっぷの球根を持つと 子ども達は皮をむきたくなるようです(笑)
「優しく土のおふとんをかけてあげようね」という教師の言葉に耳を傾け、 大事に植えてくれました。


少しずつ遊びを通して、友達との関わりが見え始めてきました。
なんとなくおうちごっこで家族のように過ごす子ども達。

一人がかき混ぜていると、「一緒にやりたい」と自然とはいってくる風景。

ケーキ屋さんに混ざろうかな、どうしようかなと見つめている友達。

時には同じ思いがぶつかりあうこともある。

久しぶりに親子ですごした遠足。
青空のもと、親子で自然を楽しみましたね。お外で食べるお弁当はおいしかったね。

12月は絵本を通してクリスマスの意味を知りました。
誰に対しても平等に愛を与えてくださるイエス様が生まれたことを、真剣な表情で聞いていた姿をみると、2歳児さんなりに感じていたと思いました。

親子クリスマス会では、イエス様のご降誕をお知らせしてくれたお星さまの歌を歌ったり、自分たちで作ったマラカスを使ってダンスを踊ってお祝いしました。

おうちに飾れる木の実のオブジェも親子で無心に制作していました。

帰りの会でのなんちゃってマジックでは、親子で驚く、楽しい表情があちらこちらに 見られました。
今この時を、お子さんだけでなく、保護者の皆様も純粋に楽しんで 過ごせたことに幸せを感じました。

3学期はあっという間ですが、子どもの声をじっくり聞き、自分は大切にされているんだという実感を子ども達がたくさん感じ、前に進んでいけるよう過ごしていきたいと願っています。


▲ページトップへ

 

12月 クリスマス

2017.12.22

 

12月は幼稚園中でクリスマスをお祝いする月でした。
7、8日には子ども達のためのクリスマス会、そして14日にはご家族やお客様をお迎えしてのクリスマス会をしました。
クリスマス会当日だけでなく、そこまでに至る過程の中で、子ども達一人ひとりが、考え、感じ、それぞれの成長をみせてくれたのが何よりも大きな喜びです。
そして、18日には小林神父様に来ていただき、子どもクリスマス礼拝を行って今学期を終えることができました。





行事の多い2学期は何かと慌ただしい時もありましたが、ご家族の皆様の大きなご協力とご支援をいただいて、実り豊かに過ごすことができました。深く感謝申し上げます。ありがとうございました。
皆さま、どうぞ良いクリスマスと新年をお迎えください。お一人おひとりに、神様のご祝福がありますようにお祈りいたします。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。


▲ページトップへ

 

11月 年中長さん

2017.12.6

 

お庭の木々が色づき、秋を感じながら過ごした11月でした!
お友だちとの関わりが深まったり、新しいことに挑戦したりと、充実した日々を過ごす子どもたちの姿がありました。

焼き芋パーティーのために落ち葉をたくさん集めたよ。

年中長でペアになり焼き芋の準備♪

いよいよたき火へ! 『おいしくな~れ♡』

ホクホクの焼き芋おいしいな

「おいしい♡おかわりくださ~い」

年長さんは縄跳びに挑戦!一人でもみんなでも跳べちゃうよ。
遊びの時間にも練習中です♪

マリア祭に向けて、マリア様の姿に習い日々過ごす中で、お友だちの良いところに目を向けたり、自分が持っている力に気づくことが出来ました。
子どもたちの中に咲いた、たくさんの心の花を大切にし、こらからもマリア様のような心で過ごしていけますように...

大好きなドッヂボール。「年長さんの男の子は強いな~」「私たちだって負けないよ」「年中さんだって頑張るぞ!!」

水コースはいつでも大人気。寒さなんてへっちゃらだ♪

毛糸を使って指編みや、シュシュづくり。「指があったか~い♡」

ステンドグラスを作ったよ。「お日様の光が当たってキレイだね」

クリスマスの話を分かち合い、クリスマス会に向けての活動が始まりました。
年長さんは、クラスで話し合い、自分の思いを伝えること、お友だちの気持ちに目を向けることを大切にし、役決めをしました。話し合いの中では、なかなか決まらなかったり、希望通りの役になれなかった人も沢山いましたが、どの役も無くてはならない役だということを知り、自分の持っている力を精一杯使って練習に励んでいます。
年中さんも持っている力を発揮できる場所を自分自身で選び、活動を重ねています。普段は、年長さんに教えてもらうことの多い年中さんですが、各グループの中では年少さんを気にかけリーダシップを発揮してくれているようです。



▲ページトップへ

 

11月 年少さん

2017.11.29

 

南庭の紅葉やイチョウの葉がきれいに色付き、秋を感じて遊ぶ子どもの様子が見られます。
11月はマリアフェスティバルやマリア祭がありました。マリアフェスティバルでは、いつもと違う幼稚園をお家のひとと笑顔で過ごす姿が見られました。
マリア祭では、マリアさまのように過ごせるようにと、毎日クラスで自分がつかえた、マリアさまのような心を振り返りました。子どもたちの心には、たくさんのお花が咲きました。マリア祭が終わっても「おてつだいできた」「がんばっておきがえできた」と嬉しそうに報告してくれ、マリアさまの心を意識して生活する姿が見られます。

〈モンテッソーリ 〉
今まで部屋で少しずつおこなってきた年少さんも、ホールでモンテッソーリが始まりました。初めて見る教具に興味津々で、自分がやりたいものを選んで集中して取り組む姿見られます。
私たちも、教具を通して子どもとかかわることで、普段は見られない力を見ることができ、驚きの連続です。
子どもたちは、着替えが終わる頃になると、「今日もホールいける?」と楽しみにしています。

〈戸外で遊ぶ 〉
運動会でお家のひとと作った、大きな靴が外では大活躍しました。
大きな靴は子どもたちが遊べば、滑り台に変身☆ 滑った先にはたくさんの落ち葉があり、落ち葉に埋もれて、子どもたちは「あははは、きゃああ」と喜び、身体で秋を感じていました。
遊具となっていた靴だったので、外に置いたままにしてしまい雨に濡れてぐちゃぐちゃになってしまいました。それもそのままにせずに、子どもたちが一緒に解体を手伝ってくれました。

〈なかよしリトミック〉
今まで、自分のクラスでおこなってきたリトミックですが、初めてなかよしクラスの年中さんと一緒におこないました。 初めて見る遊戯や年中さんの姿に目が釘付けになっていました。
先生に「年中さんのリトミックどうだった?」と聞かれると、「かっこよかった」「たのしそう」と声が聞こえてきました。年少さんも間に入れてもらいリトミックをしました。お兄さんお姉さんが優しく教えてくれました。
部屋に戻るとさっそく「あの歌うたいたい♪」とリクエストがあり、新しく歌い始めた歌もあります。

〈焼き芋〉
年中長さんが畑で掘ってくれたサツマイモを運動場で焼きました。大きな火を囲んで「はやくたべたいな~」「おなかすいたよ」と友だちと話しながら焼けるのを楽しみにしていました。
「おいしくな~れ☆」と魔法をかけてくれたこともあり、お昼にはおいしい焼き芋を皆で食べることができました。

〈 クリスマス会に向けて 〉
「マリアさまが大きくなったらだれのお母さんになったか知ってる?」と問いかけると多くの子どもが「イエスさま!」と答えてくれました。「じゃあ、クリスマスって知ってる?」と問いかけると、「サンタさんがプレゼントくれる」「ケーキを食べる」と大盛り上がりでしたが、「クリスマスってイエスさまの誕生日なんだよ」と言うと、「・・・」子どもたちは目が点になり、さっきの盛り上がりはどこへやら、思いがけないことだったようです。
イエスさまの誕生日だから皆でお祝いをして、自分の力を使ってプレゼントをしたらどうかという、提案に賛成してくれました。年長さんは、イエスさまが生まれるまでの話を劇でしてくれることを伝えました。年中・年少さんは、『創世記』世界ができるまでのことをやることを伝え、話の内容をクラスで話しました。初めに光、次は空、植物、太陽・月・星、魚、動物そして、人を順番に神様がつくってくれ、なかよく幸せに暮らせるようにとおっしゃいました。
子どもたちは、自分の身の回りにあるものや自分自身も神様がつくってくれたと知り、興味深く聞いてくれていたことが印象的でした。
そこから、ダンスや歌、楽器、ショー、自分でやりたいものを選び、神様がつくってくれたものになりきり、今クリスマス会に向けて毎日練習をおこなっています。クリスマス会、ステージの上は緊張しますが、子どもたちが積み重ねてきた力を見ることが楽しみです。
創世記の話をした後、創世記の絵を聞いた通りに絵で表現してくれる子どもいました☆



▲ページトップへ

 

10月 年少さん

2017.11.13

 

10 月、気温差も激しい中、子どもたちは元気に過ごしていました。運動会を終えて、少しずつ大きくなっていく、子どもたちが次に迎えた行事は、遠足です。普段は、クラス単位で活動していますが、遠足で始めて「なかよしクラス」の年長さんや年中さんと縦関わりの経験をしました。なかよしペアになり、年長・中・少で手を繋いで遠足に出かけることができました。

各クラスで、初めて一斉に絵画活動を取り入れました。
丸という描きやすい形で、子どもたちが想像しやすい「果物」というテーマで、絵を描きました。
子どもたちは、「果物ってどんなものがあるかな?」と一生懸命考えながら画用紙いっぱいに描いたり、くだもの屋さんのようにたくさんの果物を描いている子もいました。

遠足振り返りでは、たくさんの動物を見たり、なかよしお弁当をしたりと、楽しかった思い出を聞かせてくれました。
千葉市動物公園で見た動物の中で「見ることが出来て嬉しかった動物・楽しかった動物」を描きました。果物の絵を描いた時とは違い、顔や体を描くことにつまずいてしまう子もいましたが、「お顔はどんな形だったかな」「めはいくつあったかな」など、一つ一つ丁寧に支援し、すてきな動物を描くことが出来ました。

遠藤先生との初めてのスポーツ教室では、 かっこいい V 足で話を聞いている姿も見られました。マットの上で、うさぎさんジャンプをしたりスーパーハイハイ(速いハイハイ)をしたり、最後には「お芋抜きゲーム」をし、体を動かすことを楽しみました。1学期よりも体力や筋力もつき、たくましく成長した子どもたちの姿が見られました。

普段はクラス単位で動いている子どもたちが、「自分がやりたいこと」を選び行動できるように年少さんのクラスをコーナー設定し、他のクラスでも遊べるようにしました。
すずらん組ではゆっくりと室内遊びを行い、 すみれ組ではアスレチックコースを作り身体を動かしました。 たんぽぽ組ではゲームをしたり、音楽をかけてダンスを楽しみました。
子どもたちと「どこで何をして遊んだのか」分かち合いを行うと、それぞれのクラスでどんなことをしたのか、どんなことが楽しかったのかをみんなで共有することができました。

台風の影響で南庭が葉っぱでいっぱいに…。
そこで、みんなで力を合わせて、南庭のお掃除をしました。
ござに葉っぱを集めて、「よいしょ、よいしょ」と声を合わせて綺麗にしました。
綺麗になった南庭では元気いっぱい駆け回っていました。

森先生のリトミックがありました。
V足で立つ持続も出来るようになり成長を感じました。
遊戯もたくさんできるようになり、新しいカメさんのポーズや遊戯も教わり、嬉しそうな表情やワクワクするような高鳴る気持ちがよく伝わってきました。

11月に行われるマリア祭に向けて、「マリアさまのこころ」についてシスターのお話や絵本を通して子どもたちと深めています。マリア様はどんな人だったのか、マリア様はどんな心を大切にしているのか、分かち合いを行っています。「優しい心」だとどんなことが出来るのか子どもたちに問うと、「困っている人に手を貸してあげること」「お手伝いをしてあげること」と話をしてくれました。その他、いつも神様とお話しするきれいな心、できなくても諦めずにがんばる心など日々の生活を振り返りながら過ごしています。

苦手だった食べ物も「一口は頑張る」と言い一生懸命食べたり、「食べられるようになった!」と、嬉しそうな姿も見られるようになっています。

みんなで二十日大根を植えるために、畑に土を取りに行きプランターに種を蒔きました。
シャベルの貸し借りも「どうぞ」とやさしい心で貸してあげたり、早く大きくなりますように…とお祈りする姿が見られました。

マリアのような姿で過ごせるように、お友達と力を合わせたり、お友達の話を聞くこと、時にはガマンすること(ゆずり合う)など、子どもたち一人ひとりの中にはたくさんの力があると、話しています。新たな自分の力を発見したり、お友だちの力に気づいていかれたらと願っています。
子どもたちそれぞれの力を存分に出し切り、多くの成長が見られることを楽しみにしています!

▲ページトップへ

 

9、10月 年中長さん

2017.10.30

 

子どもたちは、9月、10月と様々な行事で豊かな経験をすることが出来ました。
運動会で、年長さんは『クラスで団結し努力を重ねること』、年中さんは『お友だちと協力すること』でお互いの力を認め合い、自信を身につけ、新しいことにも挑戦する姿が見られるようになってきました。
遊びも充実し始め、リレーやドッヂボールなどの体を動かす遊びや、プリンセスごっこ、動物ごっこなど、またお部屋ではビー玉コース作り等を楽しみました。
色々な行事の中で仲良くなった子どもたちは、誘いあって遊び、時には衝突をすることもありますが自分たちで話し合い解決をし、楽しく過ごしています。

年長さんの競技で使うビスケット♡ みんなで塗ったよ!

聖母マリア幼稚園50周年のお祝いの為に、フーセンにメッセージを書いたよ。
『優しい心が世界中に届きますように….』『幼稚園50さいおめでとう….』

楽しかった運動会をずっと忘れないように絵を描いたよ。

遠足もとっても楽しかったよ♡
年長さんは、はさみとのりを上手に使いイメージを膨らませながら動物を作ったよ。

かっこいいライオンを作ったよ!!

晴れた日にお芋ほりを楽しんだよ。ハクビシンに食べられなくよかったね。
焼き芋パーティー楽しみだなぁ❤

トリーシャ先生の英語教室。
最初は名前を言うことも恥ずかしかったけど、言えるようになったよ! トリーシャ先生大好き!!

年中スポーツクラブ
初めてのドッヂボールに挑戦!!『う~ん!難しいけど頑張るぞ』

年長スポーツクラブ
楽しみにしていたドッヂボール。雨が降って、お外では出来なかったけれど、本気で勝負をして楽しかったよ。

卒園アルバムにかっこいい姿を残すために、自分の靴をきれいに磨いたよ。
『年中さんにも教えてあげるよ♡』



▲ページトップへ

 

10、11月生まれお誕生日会

2017.10.25

 

10月19日に10、11月生まれのお誕生日会がありました。この日は、アルプス音楽団の方々が来て、アルプスの音楽を演奏してくれました。
スイスの珍しい民族楽器も紹介してくださり、その生の音色をたっぷり聴かせていただきました。長~いアルムホルンを見て、みんな大喜び!
お誕生日だった年長さんが、みんなの代表でカウベルの演奏も体験しました。他の子ども達も一緒に歌ったり、踊ったり、笑ったりと、とても楽しい時間を過ごしました。



▲ページトップへ

 

遠足

2017.10.25

 

10月10日まだ暑さが残る秋の日に、千葉市動物公園へ遠足に行ってきました。
学年混じっての仲良しペアで園内を移動して、いろいろな動物に会ってきました。
レッサーパンダのかわいい姿やフラミンゴのきれいな羽の色を間近で見たり、フクロテナガザルのおもしろい鳴き声を聞いて歓声を上げていました。お弁当やおやつをみんなで食べたのも、楽しい思い出です。
年中、長さん(特に年長さん)は、年下の子の面倒を本当によく見てくれていました。そんな嬉しい成長も見られた遠足でした。



▲ページトップへ

 

運動会

2017.10.23

 

9月30日に運動会を行いました。
今年は聖母マリア幼稚園創立50周年のお祝いの年です。運動会を始める前に、お祝いの風船をみんなで飛ばしました。風船には、お祝いの気持ちや、風船を拾ってくれるかもしれない誰かに向けてのメッセージを一人ひとり書きました。色とりどりの風船が空高く舞い上がって、とてもきれいでした。


今年の運動会は、絵本『ぐるんぱのようちえん』を基にしたお話で、進めていきました。
未就園のひよこ組さんから始まって、年少、年中、年長さんの競技と続きます。みんな、いつもの力をたくさん発揮していました。


年少親子競技では、年少さんがこの日までに準備していた染め紙を大きな靴に貼っていきました。次第にカラフルな靴が出来上がっていきます。


卒園生の大きいお兄さん、お姉さん達や、おじい様おばあ様方も、大勢参加してくださいました。
さすがにパワーと技術が違います!


おうちの方々による綱引きも、迫力満点、大いに盛り上がりました。見ている子ども達も、声を張り上げての応援です。


最後は年長さんのクラス対抗リレーで締めくくりです。クラス全員で心を一つに、力を合わせて頑張りました。



▲ページトップへ

 

9月 年少さん

2017.9.28

 

長い夏休みが終わり、9月から2学期が始まりました。一回り大きくなった子どもたちに会えることをとても嬉しく思います。
2学期が始まってすぐに避難・引き取り訓練、8・9月生まれのお友だちのお誕生日会、聖母マリア幼稚園50周年記念の航空写真撮影など様々なことが行われました。子どもたちは一つ一つのことに集中して、時には楽しんで活動に取り組んでいました。
子どもたちは夏休み明けも1学期と変わらず、元気に南庭をかけ回っています。時には広場に出かけて様々な虫を探しに行き、大きなバッタなどを見つけてきます。
また、色水遊びにも夢中になり、「ピンクと青いお花を入れたら何色になるかな?」と言いながら楽しんで行っています。

お部屋でのモンテッソーリの活動も少しずつ新しいものを取り入れて行っています。コップの内側にある線まで水を注ぐ量線注ぎも始めました。とても集中して取り組み、やりたいお友だちは自分の順番が来るまで行っているお友だちの様子をじっと見ています。

そして、リトルキャロットの種まきも行いました。子どもたちが土を入れ、そっと土に穴をあけてお友だちと順番に種をまきました。普段は人参が苦手なお友だちも「早く食べたいね!」と話し、子どもたちは人参が大きくなるのを心待ちにしている様子です。

2学期が始まってから、年少さん3クラスの合同保育も行いました。すみれ組とたんぽぽ組の間の壁を外し、一つの大きな部屋で過ごしました。お弁当の時間には、普段は中々一緒に食べることのできないお友だちや先生を誘って、一緒に食べる時間を楽しんでいました。

この日に運動会の導入も行いました。今年の運動会では「ぐるんぱのようちえん」の絵本のお話を元に、子どもたちがぐるんぱになって競技を行っていきます。各クラスで絵本の読み聞かせは行っていましたが、この日は運動会で行うお話の流れをペープサートにしました。子どもたちの意識が運動会へ向き、とても楽しみになっている様子でした。

遊びの中でも、運動会に向けての準備を次々に行いました。運動会の親子競技で使用する靴に、はけでボンドを塗り、白い紙を貼りました。

運動会当日に親子競技で使用する紙も、障子紙を染めて1枚ずつ子どもたちが作りました。

当日、どのような色の靴が出来上がるのか楽しみです。

絵本に登場するビスケットも作りました。子どもたちが丁寧に色を塗り、おいしそうなビスケットがたくさんできました。

子どもたちは日々、運動会で行うかけっこに向けてたくさん走っています。少しずつ、子どもたちの走りがかっこよくなり、そして速くなっているようにも感じます。かけっこの際子どもたちが一人一人呼ばれ、元気にお返事をしますがお返事もとても上手になりました。
運動会までもう少しです。子どもたちの気持ちも運動会に向けてとても高まっています。当日は子どもたちとぐるんぱになって楽しみたいと思います!!


▲ページトップへ