聖母マリア幼稚園のブログです。
豊かな自然の中で起きる日々の様子を
綴っていきます。

 

9月の年少さん

2018.9.28

 

2学期はじまり☆
2学期が始まり、あっという間に9月も終わりを迎えようとしています。初日には、「ばあばとじいじの家行ったの!」「飛行機乗ったんだよ!」と興奮気味で夏休みの思い出を語ってくれる姿がかわいらしかったです。クラスでは、夏休みの思い出を皆の前でそれぞれが発表し分かち合いました。
子どもたちがどこに行ったのか、目でも分かるように、日本地図を部屋に用意しました。
子どもたちは、地図を指さして「ここはどこ?」「北海道は?」「ぼくの住んでいるところはどこ?」と地図にも興味津々でした。

運動会に向けて
今年の運動会は「11ぴきのねこ」です。子どもたちには読み聞かせをおこない、運動会に向けて期待がもてるように取り組みました。年少さんは、魚を捕まえる場面です。練習でものらねこになりきり、魚めがけて一生懸命に走る姿は素敵でした。
競技で使う魚は子どもたちが作りました。穴にスズランテープを通して結び、キラキラの折り紙を貼り、目玉を付けました。
お家の方々が作ってくれたねこの帽子を嬉しそうにかぶる姿も見られました。

運動会でおこなう体操「♪さかなごはん」を踊ることが楽しいようで、帰りの集まりの前に「さかなごはんしたい」と言って皆で踊っています。ある男の子は、「でもね、ごはんは肉も野菜もたべるんだよね」と言っていたのが印象的でした。

日々の生活
お部屋では、1学期にはなかったモンテッソーリのお仕事に子どもたちは興味をもち、集中する姿が見られます。年少さんも生活が落ち着き、身の回りのことが自分の力でできるようになり、少しずつ、モンテッソーリの家に行って部屋にはないお仕事をしています。

戸外では、友だちと一緒に遊びを見つけ楽しむ姿が多く見られるようになってきました。
遊具や砂場で水コースや鬼ごっこ、かくれんぼ、虫探し、かきの種で楽器作りを楽しむ姿が見られ、室内では、キャップを使った遊びや、廃材を使いビー玉コースを作り毎日、充実した時間を過ごしています。

遠藤先生のスポーツ
初めて、遠藤先生のスポーツをしました。かけっこをしたり、形のマットを使ったサーキット(エンドーランド☆)をしたりして楽しみました。次回のスポーツが楽しみです。



▲ページトップへ

 

9月の年中長さん

2018.9.21

 

長い夏休みが明け、幼稚園に元気な子どもたちが帰ってきました❤
友だちとの久しぶりの出会いに大喜び!! 夏休み自分と同じ経験をした人をみつけると「おれも行った!」と大興奮。それぞれが夏休みならではの体験ができ、身体だけでなく心もひとまわり大きくなったのを感じます。
園庭では運動会の “11ぴきのねこ”のお話しにちなみ帽子もネコに変身‼ かわいいネコがいっぱいです。
 
年中さんも年長さんの中に入ってドッチボール。仲間に入る年中さんも少しずつ多くなってきました。

あちこちでお家ごっこ。泥団子作りやチョコレート屋さんなど。

夏休み中に虫たちも大きく成長し、バッタやカマキリ探し。カブトムシの幼虫探しも根気よくしていました。
夏休みに行った昆虫博や、育てたカブトムシで得た知識を、友だちにも教える姿も見られました。

年中さんは “えいごであそぼう” では、ポテトヘッドで身体の部位を知ったり、絵本を見たり英語に触れながら楽しく過ごすことが出来ました。1学期より集中力もついて、興味津々でした。

今年の運動会で年中は “2人で力を合わせる” (協力して1つのことを行う)ことを目標にしています。9月は横割りでの活動も多く、横クラスでの友だちの関わりも拡がってきています。
みつけた魚をみんなで仲良く分ける場面で、ペアの友だちと一緒に行う意識も持ち、楽しんでいる様子が見られています。ひとりひとりの作った魚は個性的でかわいいです❤

年長さんたちが遊びの中でリレーの練習をするのを羨ましそうに、また自分たちもやりたくてうずうずしている年中さんです。

年長は “一人一人の力を出し切る” “クラスの一員としてみんなで力を合わせる” 意識を育てていくという目的を持っています。
運動会に向けて、日々リレーの練習に励んでいます‼ 最初は、練習に参加する人数は少なかったのですが‥‥

運動会1週間前には、こんなに沢山の子どもたちが練習に取り組むようになりました。

走るのが苦手な人、自信のない人、不安な人‥‥様々な思いを抱えて、ドキドキしていた人も多かったと思います。ですが、“あきらめずに挑戦するつよい心” を大切にし、一人一人が自信を持って走れるよう練習を重ねてきました。
またリレーという1つの目標に向かってクラスで話し合ったり、考えたりしながら “みんなで取り組むこと” を大切にしてきました。この経験がクラスの団結につながり、今後の年長としての活動も、みんなで協力して取り組めることを願っています。

▲ページトップへ

 

6,7月生まれお誕生日会

2018.7.25

 

7月に6,7月生まれのお誕生日会がありました。
いつものようにみんなでお祝いをした後、今回は、サイエンスショーの方々による『わくわくどきどきサイエンスショー』がありました。
大小の空気砲で飛んでいく空気の様子を見たり、傘の袋のロケットや、くねくねマンの実験など、面白くてワクワクする実験をたくさん見せていただきました。
子どもたちも一緒に参加して、目をキラキラ輝かせて楽しんでいました。



▲ページトップへ

 

年長さん お泊り保育

2018.7.25

 

年長さんはお泊り保育に向けての準備を着々と進め、ついに当日を迎えました。
夕ご飯のためのカレー作りから始まり、南庭や広場でたっぷりと遊んだり、グループで力を合わせて謎解きゲームに挑戦したりしました。
マシュマロを焼いてトロトロにして食べたり、夜の花火も盛り上がりました。
一晩お家の人と離れて幼稚園にお泊り。ドキドキしながら寝た人もいたと思います。
この2日間でやってみたいこと、頑張りたいことなど、一人ひとりの子どもたちがそれぞれ考えていたことがあるでしょう。それが1つでも2つでもできたなら、それは大きな成果です。一つひとつは小さな経験でも、それがやがて大きな自信に繋がっていくことと思います。




▲ページトップへ

 

6月の年中長さん

2018.7.3

 

6月になり、横割りクラスでの活動が増え、同学年のお友だちとの関わりが広がりました。様々な活動の中で友だちと協力する姿や、自分で好きなことを見つけて楽しむ姿も見られるようになりました。 

しぶやゆうじ先生が来て下さり、水中生物のお話をしてくれました。ヤゴやオタマジャクシの話や、様々なカエルの鳴き声などを聞かせてもらい、子どもたちも興味津々でした。

プールにはどんな生き物がすんでいるかな?とってみよう。

餌をいっぱい食べて、トンボになったよ!!


遠藤先生とスポーツ教室!ボールの投げ方や、マット運動を教えてもらいました。
飛び箱にも挑戦だ!!

トリーシャ先生との英語の時間も大好き♡
「クラーウディー!」「サニー!」「レイニー!」と楽しく体を動かしながら英語に親しんでいました。

シスター中西にレストナックさんのお話を聞かせていただきました。
周りの人に手を差し伸べることの大切さを知りました。

年中長なかよしリトミック♪
永倉先生とのリトミックで張り切る子どもたち!沢山褒めてもらい自信満々♡
新しく、『あそびましょう』も教えてもらいました。

梅雨が明け、プール遊びが始まりました。「お水が冷たくて気持ちいいー」

おいしいきゅうりが出来たよ!年長さんに切ってもらいみんなで食べました。

年長さんはお泊まり保育に向けた活動も楽しみました。年長さんだけの幼稚園で、どんなことをしたいかクラスで話し合い、力を合わせて準備を重ねました。 

ジャガイモほり 
「たくさん採れたよ」「カレーに入れるぞ!」

ぼくたちだけの秘密基地☆ 
「こんな秘密基地がいいな~」

「遊べる秘密基地が欲しいな」

「材料を集めよう!」「これ、つかえるかな?」

「竹ですべり台も作っちゃおう」

「池田さんにも力を借りて、ブランコやつなわたりもつくったよ」


「秘密基地行き電車も作ろう!」

「可愛いプリンセスに変身した~い」 
ドレスやお城づくりを楽しみました。


「なが~~~い水コースにするぞー!」
 

年中さんも年長さんのお泊まり保育を応援するために、クラスごとに話し合い、『レストラン』作りをしました。 
マーブリングでランチョンマット作り

レストランの看板や飾りを作って楽しみました。

お泊り保育の後は年中さんも秘密基地に遊びに行きました。



▲ページトップへ

 

6月の年少さん

2018.7.3

 

6月に入り、雨が降り続く日もありましたが、青空が見える日が増え、暑い夏の季節がやってきました。子どもたちは幼稚園の生活にも慣れ、お友だちとの関りを深めています。外遊びでは、より遊びが活発になり、暑さに負けず元気に遊ぶ姿があります。

6月に入ってすぐに絵の具を使った製作活動を行いました。Tシャツの形をした画用紙に、スポンジやプチプチ、葉、トイレットペーパーの芯、毛糸など様々な道具を用いてスタンピングをしました。初めて絵の具に触れる子どもたちも多く、どのような模様ができるのかワクワクしながら行っていました。

活動後も、絵の具に触れたいという子どもたちの声も多く、やりたいお友だちは、それぞれの部屋で絵の具を用いた製作物を作りました。

森先生が各クラスに来て、リトミックをしました。Ⅴ足を確認したり、円を作ったり、かえるのお遊戯など新しいものも教えてもらいました。森先生の初めてのリトミックに、子どもたちは良い緊張感をもって楽しんで取り組んでいました。

それぞれの部屋では水中生物も育てました。おたまじゃくしが少しずつカエルになっていく様子を日々楽しみに観察し、カエルになるとお外に逃がしに行きました。又、ヤゴがトンボになり、飛び立つ姿なども見ることもできました。子どもたちは生き物に興味津々で、毎日、様々な虫を探しています。虫を持ち帰るときには、それぞれの虫が気持ちよく過ごせるように土を入れたり、枯葉を入れたり、自分たちで考えて虫を大切にする姿も見られます。

年少の子どもたちがホールに集まり、ゲームを行いました。学年で初めて行う活動であったため、元気いっぱいのお友だちが沢山いることに驚く子どもたちもいました。ゲームが始まると、男女で別れたチームごとに、赤と白の玉を先生が持つかカゴに一生懸命に入れていました。みんなでカゴに入った玉の数も数え、最後にはお片付けゲームも行い、楽しむ様子が見られました。

シスター中西が神様、マリア様のお話をしてくれました。マリア様のような優しい心、強い心を大切にすることを教えてもらいました。子どもたちの心にもその話が響き、お友だちのお手伝いをしたり、自分の力で様々なことを頑張る姿がより増えました。

外遊びでは、遊びが活発になり、鬼ごっこや隠れん坊、水コースや水遊びなどを楽しんでいます。水コースでは大きなペットボトルに何度も水を入れ、繰り返し水を流しています。又、コースの先に大きな池を作り、裸足になって楽しむ姿もありました。

雨が降っている日も、小雨であれば外へ出て、雨が当たらない木の下で遊びました。蝉が土の中から出てきて木に登る瞬間に出会えたり、かたつむりを探したり、葉や木の実、枝、石を並べて素敵な模様や線路を作って遊んだり、梅雨の時期も外遊びを楽しみました。

子どもたちが楽しみにしていたプール活動が始まりました。プール活動にも少しずつ慣れてきて、自分の力でプールの支度を進めていく姿もあります。しっかりと準備体操を行い、年少さんはビニールプールに入り、じょうろやボールおもちゃなどを使って遊んでいます。「シャワーかけて」と声が上がるほどプール遊びを楽しんでいます。

1学期も残りわずかとなりました。日に日にできることが増え、成長していく子どもたちの姿を見ることができ、嬉しく思います。夏休み明けも期待を持って幼稚園に来られるよう、7月も子どもたちと楽しく過ごしていきたいと思います!

▲ページトップへ

 

5月 年少さんの様子

2018.6.1

 

5月もあっという間に過ぎました。生活にも慣れ、毎朝「おはよー」と元気に登園する年少さんを見ると嬉しく感じます。戸外では自分のしたい遊びを見つけて楽しむだけでなく、友だちと一緒に遊ぶことを楽しむ様子が見られるようになりました。

遊具はもちろん、砂場では水コースに取り組む子どもの姿が見られました。まずは、お山を作り、どんなコースにしようかと先生たちと考えながら作ったり、一生懸命に何度も水を運んだりする姿が見られました。
水コースだけではなく、プリンを作り友だちや先生に食べてもらい嬉しそうにする子どもの姿も見ることができました。

また、虫探しに熱中する子どももおり、土や落ち葉の下をよーく探す子どももいます。畑ではシャベルで幼虫がいないかと時間いっぱい使い探す子どももいます。なかなか見つからない虫はカタツムリです、、、

年少さんはミニトマトと枝豆を植えました。大きく育つためには、土の栄養や日の光、お水が必要であることを伝えながらおこないました。子どもたちは、野菜の成長を毎日楽しみにしていて「はやく(トマト)あかくならないかー」「えだまめできたあああ」という声も聞こえてきます。バケツに水をくみ、ひしゃくで水をあげてお世話もしてくれています。



レストナック週間では、Sr.中西がレストナックさんについて話をしてくれました。レストナックさんはマリア様みたいなこころの優しい人がたくさんになりますようにと聖母マリア幼稚園を作ってくれたと教えてもらいました。子どもたちの真剣に聞く姿に感心しました。
また、やさしいこころ・つよいこころ・お手伝いする手はマリア様のような心であると教えてもらい、「お友だちに優しくする」や「お手伝いする手でお手伝いする」と言って取り組む子どもの姿も見られるようになりました。

はさみも少しずつ取り組み始めました。持ち方や刃の部分は危険であることを確認しおこないました。細長い紙を何枚も何枚も切る子どもの姿が印象的でした。切った紙は、蝶型の画用紙にのりで貼り、素敵な模様の蝶が完成しました。今後もはさみを使った活動の幅を広げていきます。


身支度も、自らすすんで取り組む様子が見られるようになってきました。ブラウスの1番上のボタンが難しい、、、今までは「できないー先生やってー」と言っていた子どもたちも、お友だちに「やってください」とお願いしてお互いに、やってあげたりやってもらったりするようになりました。
お友だちに「ありがとう」と言われた時の子どもの誇らしい顔がとてもかわいらしいです。

お弁当も、皆で楽しく食べています。昼食は落ち着いて友だちと顔を合わせられる時間でもあり笑顔がたくさん見られます。
お弁当を完食すると嬉しそうに「全部たべたよ」と満足そうに見せに来てくれます。


入園してからの今までの子どもたちの成長に驚くばかりです。これからもっと、たくさんの活動が始まります。子どもたちと一緒に楽しみながらおこなっていきたいです。


▲ページトップへ

 

5月 年中長さんの様子

2018.5.16

 

連休を終え、元気に登園してきた子どもたちです。新しい生活にも少しずつ慣れ、幼稚園の中で伸び伸びと過ごす姿が見られるようになりました。

横割りクラス始まりました!
同じ学年のお友だちと一緒に、活動も始めています。

年中組 英語で遊ぼう!
トリーシャ先生と一緒に遊びました!自己紹介をしたり、歌やゲーム、絵本も見せてくれました。次も楽しみ♪

年長組 スポーツクラブ
一回目のスポーツクラブは、クラス対抗ミニ運動会!綱引きにリレー等、既に闘志を燃やしていました!
2回目は鉄棒を教えてもらいました!目指せ逆上がりチャンピオン!得意な人も初めて挑戦した人も、意欲的に取り組んでいました。

登園後、バス便ごとに中庭のマリア像の前でお祈りしています。「まりあさま、いえすさま、よぜふさま、おはようございます。今日一日お守りください アーメン。」

レストナック週間には、園長先生がレストナックさんのお話をしてくださいました。
レストナックさんは…聖母マリア幼稚園を創ってくれた人!マリアさまのような心を大切に出来る子どもたちがたくさんになるように願いを込めて、世界中に幼稚園や学校を創ってくれました。

自主活動 …好きな遊びを見つけて、楽しんでいます!
水コース
パイプに水を溜めて…一気に飛び出すよー!!

オオバコで葉っぱのお相撲!強そうなのどれだろう?!

鉄棒
自主活動でも頑張ってます!年長さんを見て、年中さんも挑戦!

モンテッソーリ
念願の!モンテッソーリのお家でお仕事♪ 畳のお座敷が人気です!

野菜の苗を植えました!今年はきゅうりとオレンジピーマンを育てます!

遊びを通して、新しい関わりも広がりつつあります。 年少さんが困っていると、助けてくれたり、たくさんのおもちゃを一緒に片付けてくれたりと、頼りになる年中長さんです!


▲ページトップへ