聖母マリア幼稚園のブログです。
豊かな自然の中で起きる日々の様子を
綴っていきます。

 

11月の年少さん

2018.11.30

 

2学期も残り1カ月となりました。

11月に入り、まず初めに迎えたことは「マリアフェスティバル」。
いつもと違う幼稚園をお家の人と一緒に楽しむ姿が見られました。

そして、次に迎えたのは「マリア祭」。
マリア祭では、“マリア様のように過ごせるように”と、
毎日各クラスで活動を深めていきました。
神さまから頂いた力を使って、自分に出来ることをそれぞれ見つけ
一生懸命行ってきました。

“やさしいこころ”
泣いているお友だちに「大丈夫?」って言ってあげた。
お友だちの一番上のボタンを留めてあげた。等

“がんばるこころ”
出来なくてもやってみよう!とたくさんチャレンジした!
嫌いな野菜も一口は頑張って食べたよ!等

“がまんするこころ”
使いたいおもちゃを一つお友だちに貸してあげた。
お友だちとおしゃべりしたかったけど、我慢して先生のお話をしっかり聞いた。等

“おいのりするこころ”
V足で立ってお祈り出来た。
マリア様に「いつも守ってくれてありがとう」ってお祈りした。等

“きれいなこころ”
いろんな色のお花が咲いててきれいだなって思った。
みんなのお部屋をお掃除した。等

このようにマリア様のような心で過ごし、子どもたちの心の中には、たくさんのお花が咲きました。
マリア祭が終わっても、マリア様の心を意識して生活する姿が見られています♡


自主活動では、南庭・運動場の紅葉やイチョウの葉もきれいに色づき、秋を感じながら遊びを楽しんでいる姿が見られています。
落ち葉をたくさん集めて、「葉っぱの雨だ~!!」とみんなで落ち葉を降らせたり、
きれいな葉を拾い集めて束にし、「お母さんにプレゼントするの!」と、
花束を作ったりと様々な遊び方で楽しみました。


また、ごっこ遊びも盛んになってきました。
子どもたちの中で役割を分担したり、たくさんのお店屋さんを分担して開いたりと、
子どもたちの発想力や想像力はとても豊かだと感じました。
チョコレート屋さん、アイス屋さん、プリン屋さん、BBQ屋さんと食べ物屋さんが多かったです!みんなが大好きな食べ物を「いらっしゃいませ~!おいしい〇〇はいかがですか~!」と、たくさんのお友だちや先生をお客さんとしてお招きしていました☆

戸外だけでは子どもたちの意欲は収まりきらず・・・
室内遊びでも“アイス屋さん”を開きました。
しっかりと看板を作り、好きな味のアイスクリームを作りました。
カップを用意してあげると「コーンがいい!」
どうやって作るか子どもたちと考え、クレヨンと画用紙を使って一生懸命作りました。


2学期に入り、モンテッソーリの活動をたくさん経験している子どもたちも増えて製作活動の中身も変わってきました。指先を使った細かい作業にも指先をしっかり見て集中し、出来たときの達成感を味わう姿がありました。


年中さんと初めての「なかよしリトミック」を行いました。
年少さんは自分のクラスで各クラスリトミックを行っていました。
なかよしリトミックで初めて見るお遊戯や年中さんの姿に年少さんはくぎ付けになっていました。
年少さんは「やりたい!!」と、年中さんのリトミックに興味津々。
年中さんの間に入れてもらい、一緒になってリトミックを楽しみました。
お兄さんお姉さんは優しく教えてくれました。
お部屋に戻ると「さっきのお歌うたいたい!」と、子どもたちからの要望があり今では毎日のように楽しく元気に歌えるようになりました。


クラスで育てていた“二十日大根”を収穫しました!
待ちに待った収穫日・・・
子どもたちは二十日大根を囲むかのようにしてじっと見つめていました。
収穫するときには「すっぽーん!!」と子どもたちは声をそろえて大喜び☆

「二十日大根って赤色だったけど、お腹(中身)は何色だと思う?」と聞いてみると
「しろ!」「あか!」「むらさき!」と様々の声が聞こえました。
また、「どんな味がすると思う?」と、聞いてみると
「甘い味」「ちょっと辛そう」「大根の味」と、これも様々な声が聞こえました。
その日のお弁当の時間に、一人一つずつ配って食べてみました。
野菜が苦手な子も一口かじってみると「おいしいね」と
ニコニコ笑顔で食べることが出来ました。
「幼稚園で作ったからおいしいのかな~」と言う子もいてクラスがとても感じました。


そして、12月にはクリスマス会を迎えます。
「12月と言ったら・・・」と子どもたちに聞いてみると、
やはり「クリスマス!」でした。
クリスマスはどんな日か子どもたちと話し合ってみると
「プレゼントをサンタさんからもらう」「ケーキを食べる」ととても喜んでいました。
そこで、「クリスマスはマリア様の赤ちゃん“イエス様”のお誕生日なんだよ」と伝えると、子どもたちの頭の中は「?」でいっぱいになってしまいました。
イエス様のお誕生日だから、みんなで神様から頂いた力を使ってお祝いしようと提案してみると、「いいね!!」と賛成してくれました。
“かみさまからのおくりもの”という絵本を各クラス読み聞かせを行い、みんなは神様からどんな力を頂いていて、どんな力を使ってお祝いをしたいか考えました。
自分の使いたい力を考え、選び、今も毎日練習を重ねています。
クリスマス会当日は、ステージに立ち緊張する子どもたちの姿はあるかもしれないけれど、子どもたちが積み重ねてきた力を見ることがとても楽しみです。


▲ページトップへ

 

マリア祭

2018.11.29

 

11月16日にマリア祭を行いました。
『マリア祭』とは、幼い頃のマリア様がご自身を神様に奉献したことをお祝いする日で、世界中のレストナックの学校や幼稚園でお祝いします。聖母マリア幼稚園でも、とても大切にしている行事です。

初めに、幼い頃のマリア様のお話を寸劇で表現しました。

幼いマリア様のご像を乗せたおみこし入場。

聖書朗読に続いて、福島神父様がお話をしてくださいました。

マリア様に倣って、私たちがいつもマリア様のような心でいられますように、みんなでお祈りしました。

神父様が祝福してくださいました。みんな嬉しそうです。

最後にクラス毎に幼いマリア様にお祈りを捧げました。



▲ページトップへ

 

11月の年中長さん

2018.11.19

 

2学期も残すところ あと1ヶ月程となりました。遊びは年中長で縦の関わりも豊かに、戸外、モンテッソーリの家など好きな遊びを選び楽しんでいます。


(リトミック)
年中は遠足後、新しい遊戯やリトミックを導入し、体力だけでなく集中力も付き意欲的に取り組む姿が見られていました。クラスでも年長さんのリトミック姿を目に焼き付けるかのように真剣に見て、自分たちもやりたくてしょうがなかった年中さん。年少さんとの仲良しリトミックでは、生き生きと見せながらも年少さんのことを気にかけ、手助けする優しさも見られました。
年長は、運動会を経験し、心も身体も成長し、自信を持って、様々なことに取り組めるようになってきました。リトミックでも、新しい事にも、良く集中し、音に合わせて、自分の身体をコントロールし、身体を動かす気持ちよさを、味わう子どもたちの姿が見られました。
楽しみにしていた、永倉先生のリトミックでは、ピリッとした緊張感の中でも、先生ならではの雰囲気で、子どもたちもはりきり、今まで以上の力を発揮する姿がありました。さすが、永倉先生の魅力のなせる業!!!

(年長スポーツクラブ)
自主活動でも、楽しんでいるドッヂボール!!今回は、王様ドッヂボールや得点ドッヂボールを教えてもらいました。いつもと違ったドッヂボールを楽しみました。

(マリア祭を迎えるにあたって)
幼稚園にとって大切にしている行事、マリア祭。シスター中西にマリアさまの幼少期のお話を聞き、親切で誰にでもやさしいマリアさまの姿に習っていこうと、マリアさまのような4つの心を大切に過ごせるように各クラスで深めてきました。

♡優しいこころ♡ 
困っている人を助ける。わからないひとに教えてあげる。お手伝いする。ゆずってあげる。相手の気持ちを考える。
♡きれいなこころ♡ 
人や物を大切にする。正直。ありがとう、ごめんなさいが素直に言える。きれいなものを綺麗と感じる。
♡つよいこころ♡ 
新しいことにチャレンジする。できなくてもあきらめずに取り組む。勇気をもってやってみる。言葉で相手に気持ちを伝える。苦手なこともがんばる。自分で決める(律する)
♡しんじるこころ♡ 
友だちを信じる。自分を信じる。いつも見守っていて下さり、力をくださる神さま、マリアさまを信じる。神さまに感謝。

登園時、小さなマリア様にお祈りしたり、お家のお花をお捧げしている姿がありました。遊びの中でも、年下のお友だちに、優しく関わっている姿も見られました。

これからも、マリア様のような姿で歩めるように、願っています。12月はクリスマス会があります。クリスマスは、イエズス様のお誕生日!一人ひとり、その人に合った力を神様から頂いています。その力を使って、お祝いできるように、残りの日々を大切に過ごしていきたいと思います。


▲ページトップへ

 

マリアフェスティバル

2018.11.06

 

11月3日、毎年恒例のマリアフェスティバルが今年も盛大に行われました。
この日は、保護者の皆さんや子ども達だけでなく、元保護者の方々、地域の方々、卒園生、教職員等々、この聖母マリア幼稚園に関わる多くの皆さんと一日を共に過ごせる嬉しい日です。
この日のために、たくさんの準備をしてくださった皆様、本当にありがとうございました。
午後のサッカー大会にも大勢参加してくださり、大いに盛り上がりました。ありがとうございました!


▲ページトップへ

 

焼き芋パーティー

2018.11.02

 

去年も楽しかった焼き芋パーティー!
去年までは、幼稚園でサツマイモを育て、収穫していましたが…
ハクビシンのしぶとさには勝てず、今年は農園に行って、芋掘りをしました!
年長さんが掘ってきてくれたおいもは、立派な太さで大量!落ち葉集めは三学年の子どもたちが頑張り、無事に焼き芋パーティーが出来ました♪

幼稚園の広場のように、広―い畑!!!大小、形もさまざまなおいもが、たくさん掘れました!

ござの上で乾かして…

落ち葉集めは、全員が総出で!お庭や広場を何往復もして、たくさん集めました!

前日、たくさんのおいもを年長さんで洗いました!土がなかなか落ちない!!

お友だちと力を合わせて…新聞紙、アルミホイルで包み、準備完了!

焚火に投入!煙がモクモク、近づくと熱かった!

年少さんも様子を見守ってくれました♡

焼けたおいもは、みんなでいただきまーす♪
年少さんも一緒に、仲良しピクニック焼き芋パーティーになりました!
焼きたてのおいもは、ホクホク♪「もっとたべた~い!!」と、おかわりも長蛇の列に!おいしかったね♡



▲ページトップへ

 

10月の年中長さん

2018.11.01

 

運動会を終え、自信をつけた子どもたちは、10月も幼稚園で元気に過ごしました!新しいことに挑戦したり、お友だちの輪も広がっています。

〈自主活動〉
運動会後もお部屋でダンス♪ “アイデア” や “ さかなごはん” はもちろん、USAも♪

運動会で頂いたBブロックは大人気!

お友だちと一緒に♡

ケイドロやドッチボールなど、活発な遊び盛り上がっています!

木登りにも挑戦!「年長さん、すごーい!!」

モンテッソーリのお仕事にも意欲的です。はたおりやゆび編みなど、毛糸のお仕事が人気!かぎ針で鎖編みにも挑戦中!

木のおうちもOPENしました!自然物を使った工作を楽しんでいます!

「これ、いいかも!」と、いい形の枝を見つけ、ゴムをつけて弓矢の完成!

靴磨きも始まりました!身だしなみもカッコよく!

レストナックさんが創ってくださったフィリピンの幼稚園から、先生方が来園。交流会をしました!

〈横割り〉
リトミックやスポーツなど、横割りクラスの活動も重ねています。年中組の様子を少しだけ♪

英語で遊ぼう!英語の手遊びを楽しみました。

スポーツクラブでは、縄跳びに挑戦!縄を使ってゲームもしました。

年中さんみんなで、広場でピクニックお弁当♪

〈遠足〉
楽しい遠足は、三学年の縦割りクラスで♪
動物園に行く前に、なかよしペアのお友だちと広場で遊びました!
年中長さん、元気いっぱいの年少さんをよく気にかけてくれました。

一緒にお弁当を食べたり、遊んだり♪少しずつ仲良くなりました♡

遠足楽しかったね!お世話も頑張って、帰りはぐっすり…♡
おつかれさま!ありがとう ♡

遠足後は、年中さんは絵で、年長さんは画用紙を使って、動物を作りました!

友だち関係や活動が深まる二学期。それぞれの活動の中で、豊かな経験を重ねていけるといいです♡



▲ページトップへ

 

10月の年少さん

2018.11.01

 

子どもたちと共に作り上げてきた運動会は、不安定なお天気となりましたが、子どもたちの頑張り、そして保護者の方々のご協力の元、無事に終えることができました。後日、運動会の振り返りを行うと、子どもたちから楽しかったこと、頑張ったことなど様々なことを話してくれました。

運動会を終えると、子どもたちが楽しみにしていた遠足へ向けての活動が始まりました。遠足は、仲良しクラスの年中さん、年長さんのお兄さんお姉さんと一緒に手を繋いで行きます。まだまだ、まっすぐ歩くことが難しい年少さんにとって、お兄さんお姉さんの存在は、とても心強いです!!
遠足へ行く前に、一緒に手を繋いで歩くお友だちと広場へ、ミニ遠足へ出かけ、お外でピクニックお弁当をしました。子どもたちは優しいお兄さんお姉さんとすぐに仲良くなり、どんぐりや虫を探したり、お弁当を食べた後は一緒に遊んだり、とても楽しんでいました。

遠足当日は、暑いくらいの良いお天気に恵まれました。年少さんもマリアの森で力をつけた足でしっかりと最後まで歩くことができました。様々な動物を見て、存分に楽しんだ後の帰りのバスでは、ほとんどの子どもたちがぐっすりと眠っていました。
年少さんは、これまで異年齢のお友だちとの関りが少なかったのですが、遠足を通して、年中長さんとの関りを深めることができました。

遠足の次の日、振り返りを行い、動物園で見てきた動物の絵を描きました。遠足に行く前に、クラスで一斉に絵を描く活動として果物の絵を描いていましたが、動物の絵となると難しく、「何色だったかな」、「顔はどんな形だったかな」と一つずつ思い出して描いていました。それぞれのお部屋に動物の写真を飾っていましたが、その写真と自分の席を何度も往復して丁寧に仕上げるお友だちもいました。個性豊かな作品がたくさん出来上がりました。

10月に入ってすぐに二十日大根とパンジーの種植をしました。子どもたちが順番に土をプランターに入れ、指で穴をあけてそこに種を蒔きました。柄杓を使っての水やりも上手になり、「食べるのが楽しみ!」「どんなお花が咲くのか楽しみ!」という声が聞こえます。

フィリピンにある姉妹園の幼稚園から2人の先生が来てくれました。ABCの歌を歌ったり、母音の発音方法を教えてもらったりしました。全て英語でしたが、よく聞きとって楽しむ様子が見られました。

10月は、子どもたちの大好きな遠藤先生のスポーツが2回行われました。1回目は、リレーを行い、運動会で年長さんがリレーをする姿を見てきた子どもたちは、「やりたい」という思いが強く、一生懸命に走っていました。バトンをもらってもすぐに走らず、隣のお友だちが来るのを待っていたり、逆走してしまったり、年少さんの可愛らしさがたくさん見られました。長い距離にも関わらず、最後まで全力でバトンを繋ぐ姿に感動し、2年後の運動会が楽しみになりました☆

2回目は、マット運動をしました。動物の真似をしながら身体を大きく使い、マットの上を跳んだり、寝転がってコロコロ進んだり、最後には先生に支えてもらいながら前転も行いました。

森先生が各クラスへ来て、リトミックをしてくれました。日頃からお部屋でリトミックを行っているため、以前よりもV足やお遊戯が上手になり、新しいことも教えてもらいました。これからもお部屋の活動の中で、子どもたちがリトミックを楽しんで行うことができるように積み重ねていこうと思います。

年少さん初めての英語をトリーシャ先生と行いました。自分のお名前を紹介したり、英語での天気の言い方を教えてもらったり、英語の本を読んでもらったり、とても楽しんでいました。

10月半ばには、木のおうちが開き、年少さんも「やりたい!」と言って作品作りに出かけるお友だちがいました。秋ならではのどんぐりや松ぼっくり、木の実など様々な素材を使って素敵な作品を作っていました。

各クラスでゲームをしたり、広場へ出かけたり、絵の具で遊んだり、様々な活動を行いました。お友だちと一緒に1つのことを楽しむ姿がたくさん見られるようになり、子どもたちの成長を日々感じています。運動会のプレゼントでもらった積み木も、お友だちと協力し、自分たちで考え、椅子を持ってきて高く積み上げるなど、工夫して遊んでいます。

子どもたちはお弁当も、天気が良い日にはお外で食べたり、お部屋では好きな人と食べる仲良しお弁当をしたり、食事の時間も楽しんでいます。自分で食べる場所を考えて決める姿や、一緒に食べたいお友だちを誘う姿があります。時には、思い通りにならず、お友だちとぶつかることもありますが、譲り合ったり、他の方法を考えたり、自分たちで解決しようとする様子が見られます。

それぞれのクラスで、お当番活動も始まりました。子どもたちは、お当番の日が楽しみなようで、張り切って、雑巾を絞って机を拭いたり、みんなの前でお祈りをしたりしています。

シスター中西が来て、マリア様についてお話をしてくれました。マリア様はどのような人だったのか、どのような心を大切にしていたのか教えてくれました。

その後、それぞれのクラスで分かち合いを行いました。マリア様は「やさしいこころ」「がんばるこころ」「がまんするこころ」「きれいなこころ」「おいのりするこころ」を大切にしていたこと、そしてみんなが神様からもらった力を使って、その心を大切に出来た時に、心のお花が咲くことを話しました。子どもたちはさっそく、頑張る心でお支度をしたり、優しい心でお友だちに接したり、心のお花を咲かせています。これから、マリア祭に向けて、子どもたちと心のお花をたくさん咲かせていけるように、心のお話を深めていきたいと思います。



▲ページトップへ

 

運動会

2018.10.31

 

9月の終わりに運動会を開催しました。
今にも雨が降ってきそうな空模様でしたが、いくつか予定を変更しながらも無事に楽しく行うことができました。
お話「11ぴきのねこ」を基に聖母マリア幼稚園ならではの物語を進めながら、のらねこになりきった子ども達が走ったり、踊ったり、歓声いっぱいの日となりました。

年少ねこさん、元気に走って魚が捕れました。

年中ねこさんは、2人で協力して捕った魚を運びます。ここは慎重に…。

年長ねこさん達はいかだを作るため、大急ぎで材料を見つけます。みんな速い!

大きな魚を捕まえに、いかだに乗って出発です!

長老ねこさんに、大きな魚の釣り方を教えてもらいました。

みんなのダンスで大きな魚を眠らせよう。

年長ねこさん達の真剣勝負のリレーです。みんなで力を出し切りました。

お家の方々の ”大玉さかな” も、迫力満点でした!

お話の世界を楽しみながら、子ども達一人ひとりの元気と力が存分に発揮された運動会でした。
お家の方々も、たくさんのご協力とご声援、ありがとうございました。



▲ページトップへ

 

9月の年少さん

2018.9.28

 

2学期はじまり☆
2学期が始まり、あっという間に9月も終わりを迎えようとしています。初日には、「ばあばとじいじの家行ったの!」「飛行機乗ったんだよ!」と興奮気味で夏休みの思い出を語ってくれる姿がかわいらしかったです。クラスでは、夏休みの思い出を皆の前でそれぞれが発表し分かち合いました。
子どもたちがどこに行ったのか、目でも分かるように、日本地図を部屋に用意しました。
子どもたちは、地図を指さして「ここはどこ?」「北海道は?」「ぼくの住んでいるところはどこ?」と地図にも興味津々でした。

運動会に向けて
今年の運動会は「11ぴきのねこ」です。子どもたちには読み聞かせをおこない、運動会に向けて期待がもてるように取り組みました。年少さんは、魚を捕まえる場面です。練習でものらねこになりきり、魚めがけて一生懸命に走る姿は素敵でした。
競技で使う魚は子どもたちが作りました。穴にスズランテープを通して結び、キラキラの折り紙を貼り、目玉を付けました。
お家の方々が作ってくれたねこの帽子を嬉しそうにかぶる姿も見られました。

運動会でおこなう体操「♪さかなごはん」を踊ることが楽しいようで、帰りの集まりの前に「さかなごはんしたい」と言って皆で踊っています。ある男の子は、「でもね、ごはんは肉も野菜もたべるんだよね」と言っていたのが印象的でした。

日々の生活
お部屋では、1学期にはなかったモンテッソーリのお仕事に子どもたちは興味をもち、集中する姿が見られます。年少さんも生活が落ち着き、身の回りのことが自分の力でできるようになり、少しずつ、モンテッソーリの家に行って部屋にはないお仕事をしています。

戸外では、友だちと一緒に遊びを見つけ楽しむ姿が多く見られるようになってきました。
遊具や砂場で水コースや鬼ごっこ、かくれんぼ、虫探し、かきの種で楽器作りを楽しむ姿が見られ、室内では、キャップを使った遊びや、廃材を使いビー玉コースを作り毎日、充実した時間を過ごしています。

遠藤先生のスポーツ
初めて、遠藤先生のスポーツをしました。かけっこをしたり、形のマットを使ったサーキット(エンドーランド☆)をしたりして楽しみました。次回のスポーツが楽しみです。



▲ページトップへ

 

9月の年中長さん

2018.9.21

 

長い夏休みが明け、幼稚園に元気な子どもたちが帰ってきました❤
友だちとの久しぶりの出会いに大喜び!! 夏休み自分と同じ経験をした人をみつけると「おれも行った!」と大興奮。それぞれが夏休みならではの体験ができ、身体だけでなく心もひとまわり大きくなったのを感じます。
園庭では運動会の “11ぴきのねこ”のお話しにちなみ帽子もネコに変身‼ かわいいネコがいっぱいです。
 
年中さんも年長さんの中に入ってドッチボール。仲間に入る年中さんも少しずつ多くなってきました。

あちこちでお家ごっこ。泥団子作りやチョコレート屋さんなど。

夏休み中に虫たちも大きく成長し、バッタやカマキリ探し。カブトムシの幼虫探しも根気よくしていました。
夏休みに行った昆虫博や、育てたカブトムシで得た知識を、友だちにも教える姿も見られました。

年中さんは “えいごであそぼう” では、ポテトヘッドで身体の部位を知ったり、絵本を見たり英語に触れながら楽しく過ごすことが出来ました。1学期より集中力もついて、興味津々でした。

今年の運動会で年中は “2人で力を合わせる” (協力して1つのことを行う)ことを目標にしています。9月は横割りでの活動も多く、横クラスでの友だちの関わりも拡がってきています。
みつけた魚をみんなで仲良く分ける場面で、ペアの友だちと一緒に行う意識も持ち、楽しんでいる様子が見られています。ひとりひとりの作った魚は個性的でかわいいです❤

年長さんたちが遊びの中でリレーの練習をするのを羨ましそうに、また自分たちもやりたくてうずうずしている年中さんです。

年長は “一人一人の力を出し切る” “クラスの一員としてみんなで力を合わせる” 意識を育てていくという目的を持っています。
運動会に向けて、日々リレーの練習に励んでいます‼ 最初は、練習に参加する人数は少なかったのですが‥‥

運動会1週間前には、こんなに沢山の子どもたちが練習に取り組むようになりました。

走るのが苦手な人、自信のない人、不安な人‥‥様々な思いを抱えて、ドキドキしていた人も多かったと思います。ですが、“あきらめずに挑戦するつよい心” を大切にし、一人一人が自信を持って走れるよう練習を重ねてきました。
またリレーという1つの目標に向かってクラスで話し合ったり、考えたりしながら “みんなで取り組むこと” を大切にしてきました。この経験がクラスの団結につながり、今後の年長としての活動も、みんなで協力して取り組めることを願っています。

▲ページトップへ